21テクノロジー製造自転車

後輪ブレーキの調整

対象機種:kd160,kd226,kd246,MC266,MCA266,CT266,CTA266,BC260

方法1 アジャスターの調整

アジャスターを指で回して、ワイヤーを張り直さなくても、ブレーキの強さを調整できます。 画像1のボルトを締めるとワイヤーが伸びているので、弱くなっています。 ボルトを緩めるとワイヤーが引っ張られるので、強くなっています。

(ボルトの締め緩めで、画像2のアームが動いているのがわかります。) ブレーキが働く適正位置までボルトを回します。

※画像3のアジャスターボルトを固定するナットを調整後に必ず固定して ください。固定しないと走行中に緩んでブレーキの強弱さが変わってきます。

方法2 ワイヤー張りの調整

画像4のアームを動かすことでブレーキが効きます。 画像5のボトルを緩めて、ワイヤーを緩めます。
(※アームを抑えながら緩めないとワイヤーが一気に緩んでしまいます。)
(※ボルトは完全には外さずに手で緩める程度にしてください。

画像6のワイヤーの末端を持ち、アームを動かして、ワイヤーの固定位置を探して決めます。 アームを引っ張りすぎると、常にブレーキがかかった状態になってしまいます。 逆にアームが解放状態ですと、ブレーキがほとんどかからない状態となります。

1.アームを抑えます。
2.ワイヤーの末端を持って、引っ張ります。
3.この後に抑えたアームを少し緩めます。
(この加減でブレーキの強弱が決まります。)
4.ボルトをしっかりと固定します。

※ブレーキレバーを握ってワイヤーが外れないことを確認します。
※再度、画像1のアジャスターで調整を行います。